世界はそれを逃避と呼ぶんだぜ
若者の課金離れ
プロフィール

陽一

Author:陽一
返事がない。ただの中二病のようだ。
kitazakiyohあっとhotmail.com



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん

見てきたよーん。
以下ネタバレなし(できるだけ)の感想。
結論として。
けいおんのアニメ一期二期および原作の雰囲気を、少しでも面白いと思った人なら絶対に見に行くべきです。
本当に、舞台を地上派から劇場に移しただけの、まんまのゆるゆるぐだぐだ放課後ティータイムです。
ぼくは最高に楽しめました。
ただ逆に、純粋なアニメ映画ファンがエンターテイメントを求めていくと、肩すかしくらうかも。

やっぱり映画は金のかけ方が違う!
とにかく、細かい仕草の描写がすごい。地上派の頃から感じていたけど、映画ではもっと進化してた。
「女の子がやりそうな仕草」を、余すことなく映像でやれてるなんて本当にけいおんくらいじゃね?w
ぐだーっとだらしなく唯が倒れるところとか。りっちゃんが唯の肩をドラムスティックで叩くところとか。すげーかわいい。
あとはSE周りの演出も細かい。軽音部の床、さわちゃんが歩くとギシギシ鳴るんだね……。

お話の展開も、相変わらずぐだぐたゆるゆるしてるんだけど、一つの要素の消化をすげー丁寧にしててよかった。人によっては冗長、と映るかもしれないけど。
まずロンドンに行くきっかけと動機付けまでがめちゃくちゃ長いし。
あと、軽音部のメンバーそれぞれ、ちゃんと自分のキャラとしての役割をしっかりこなしていたのもよかったです。その辺り、キャラを本当に大切にしてるなーと感じました。
モブの姫子ちゃん、律っちゃんの弟の聡君より出番多かったし。
しかし、アレだね。一期二期とずっと追ってきていると、いつものメンバーががーっと廊下を走っているだけでも感極まるものがありますね。

そんなこんなで、すごく面白かったですけいおん。
ファンなら是非見に行くべきです。
多分ぼくももう一回見に行きます。

三期マダー?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://awepoi.blog121.fc2.com/tb.php/1211-dade96c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。