世界はそれを逃避と呼ぶんだぜ
若者の課金離れ
プロフィール

陽一

Author:陽一
返事がない。ただの中二病のようだ。
kitazakiyohあっとhotmail.com



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・久しぶりに書いたオリジナル小説を、俺のネット上での活動を知らない人に見せたら、「あんたの文章なんかノベルゲームのシナリオみたいやね」と言われた。
ニコニコで動画を作っていく上でその感想はありがたいものなのだろうけど、ちゃんとした小説書こうと思ったらそれじゃあアカンよなとも思った。
動画用(ノベルゲーム用)の文章と小説用の文章、書き分けられるようにならんとアカンよね。

あー本出してぇ(本を出すまでこれが口癖になると思う)。

・八極拳とか格好ええなーと思って割と前から資料を探しているのですが、なかなかいいものが見つからない。
知識としては発勁くらいしかまともに知らんからなぁ。
ネットにはあったりするけど、あんまり詳しくないし鵜呑みにしていいかどうか分からんし。
誰かご存じない?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

八極拳というと中国拳法ですか。
漫画の「ネギま!」で俺は知ったんですけど参考にどうでしょう!
【2008/11/04 00:47】 URL | ranbl #- [ 編集]


ネギまも結構八極拳使ってますが、理論がきっちり学べるわけでもないので……。
一度ちゃんとした理論から知っておきたいんですよね。
【2008/11/04 01:08】 URL | 陽一 #- [ 編集]


エアマスターって漫画で嘘くさいけど無駄に説得力ある人なら・・・(深道ランカー2位の人)
ちゃんとした資料だと図書館とかに意外と置いてあります
【2008/11/04 04:06】 URL | ニコマススキー #- [ 編集]


オリジナルで本出したい気持ちはこっちにもありますよ、ニコマス以前はそれ目指していたので。
ベタベタな恋愛モノなので誰が読むんだこんな物と自虐に思う日々ですが…。

今となっては踏み出した事のなかった二次創作というジャンルが書けて幅が広がった思いです。
後押ししてくださった陽一さんには感謝でいっぱいですが、なんといいますか申し訳ない気持ちです…。
【2008/11/04 04:13】 URL | 豊本・葉咲 #- [ 編集]


古いマンガで「拳児」とかどうでしょう?
マンガなので当然参考程度ですが、たしかかなり丁寧に描かれてありましたし、拳法そのものだけでなく逸話なんかも語られていて面白いですよ。
【2008/11/04 11:26】 URL | よしゅ #- [ 編集]


> 動画用(ノベルゲーム用)の文章と小説用の文章、書き分けられるようにならん

(広い意味での)文法の違いってありますよね。
陽一さんはSSと動画、どちらもなさってますけど、やっぱり書き方の違いみたいなのってあるんですか?
【2008/11/04 23:23】 URL | Nyarl #- [ 編集]


>ニコマススキーさん
図書館ですかー。確かにちゃんと探せばあるのかも。
今度行ってきます。

>豊本・葉咲さん
昔はオリジナルで本出したくてしょうがありませんでしたねぇ。
今は二次創作一辺倒なので、アイマスの本が出したくてしょうがなくなってます。
俺は全然気にしてないですよー。豊本・葉咲さんのやりたいようにやればよろしいかと。

>よしゅさん
なるほど。それなりに詳しそうで面白そうですねー。
今度立ち読みしてきます。

>Nyarlさん
書き方はかなり違うと思います。
簡単な例を出すと、ノベルゲームでは小説と違ってかなり書く文章が省けるんですよね。情景描写とか、キャラクターの表情とか。どちらも背景とキャラの立ち絵を表示すれば済むことですから。
この辺りの違いに慣れてしまうと、いざ小説を書くときに情景描写ができなくなっているという罠が待ち受けておりますw
【2008/11/05 01:13】 URL | 陽一 #- [ 編集]

アクション描写使いが増えることを祈って……
八極拳と聞いて飛んできた、とある謎の男、参上!
実はニコニコにも八極拳タグがあったりするのです……

あと八極拳は小説ベースなら威力や心理戦を描写できるので、派手に描写することも可能でしょうが。リアルのビジュアルは……地味ですよー。そりゃもう地味。名人ゆえに仕方がないのですが、動きがコンパクト過ぎるんですよね。ですから映像は参考にならないかも。

小説の資料にしたければ、本が良いかもです。理合は実際に殴られてみないと分かりませんが。殺陣の参考にするだけなら、大型専門書店に行けば、スポーツコーナーに並んでいるはずです。んで、概要を説明したら、チョチョイッと技の名前だけ引用するわけっすね。細かな挙動までは小説だと描けないので、この程度で充分になるはずです。

あと拳児は聖書。
【2008/11/05 21:24】 URL | HAMA-SANG #- [ 編集]


なるほどー。漫画やゲームみたいに派手派手じゃないんですね。
基本的な動きや理論だけ覚えて、あとは適度に味付けしていく、といった感じですか。

とりあえず今度図書館や書店を訪ねてみようと思います。

拳児も!
【2008/11/06 00:33】 URL | 陽一 #- [ 編集]


今あるかどうかわからないけど、武術(うーしゅ)という中国拳法の雑誌がありますたよ。
【2008/11/06 08:17】 URL | 痛日記 #- [ 編集]


おー、そんなものまであるのですか。ありがとうございます。
図書館とか古本屋にあるかなー。
【2008/11/06 21:46】 URL | 陽一 #- [ 編集]


そっち系の雑誌ときいて!

あのですね、「月刊秘伝」って雑誌がありまして、高校生のころツボにハマって読んでおりました。
どっちかっていうと日本武術(しかもトンデモまじり)なんですけど、濃くていいですお。
特集が「古武術検定」とか「手裏剣」、「塩田剛三」とか色々アレで楽しくなっちゃうこと請け合いです。
【2008/11/06 22:08】 URL | Nyarl #- [ 編集]


名前からして確かにアレそうな雑誌ですねw
見つけたら読んでみます。トンデモ武術大好き!
【2008/11/07 00:53】 URL | 陽一 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://awepoi.blog121.fc2.com/tb.php/537-b791e110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。