世界はそれを逃避と呼ぶんだぜ
若者の課金離れ
プロフィール

陽一

Author:陽一
返事がない。ただの中二病のようだ。
kitazakiyohあっとhotmail.com



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方

なんか偶然たどり着いてこんなページを読んだ。

回想シーンは駄目。

というくだりがあったんですが……回想っていけねーのか? と思う。
昔はこういう作法サイトやシナリオの教本に書いてある、回想はダメだぜ! っていう教えを律儀に守ってたもんですが、最近はよく説明するのに回想をいれてます。
別に俺はそういうカタを破れるほど実力者だぜ! なんて言うつもりはありませんが、回想の善し悪しなんて見せ方の問題じゃねーのと思うんだよなぁ。
もちろん安易で平凡な回想はダメだし、俺もよくやっちゃうから、そういうのはきちんと自戒しようと思うんだけど。
構成の仕方によってどうにでも化ける要素だと思う。

あと視点移動もね。
件のページでは極端な例しかあげられてないから反論するのは筋違いだろうけど、小説というメディアの中で視点移動するのは可能だし、そうしたほうがよい構成になる場合だって多々ある。

特にオチはない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

> 回想
どうなんでしょう?

結局、「回想を多用するとスピード感が落ちてよくないよ」ということをいいたいんでしょうけど。初心者って回想を多用しやすいらしいですから。

人物造型に深みを出すためには、過去の話ってかなり重要だと思うんですけどねぇ。

ちなみに、日本のシナリオ教本の古典である新井『シナリオの基礎技術』だと…
・回想はいいけど、初心者ほど乱用しがちだよね
・だから初心者はとりあえず回想使わないでやってみたら?
なんてことが書いてあって、その後に回想の使い方やテクニックなんかが書かれていたりします。
【2008/11/30 14:41】 URL | にゃる #- [ 編集]


 しょっぱなから回想の乱発はたしかに読みづらいのかも知れないがこれって小説の話みたいだなwこのシーン書くなとはいってないわけだし・・・ねぇ~。タブーってのはどうかと思うわw

 まぁ・・・結局マニュアルだけにこだわるなって事なんだろうけどそれにヴィジュアルノベルとかになるとまた違うみたいだけどw臨機応変

 ラノベとかにも挿絵とかがあるわけだし、回想だけではなしをとめること苦痛ってことだけで考えちゃだめってことだな~。

 こういうのは万人向け目指すからってそれでつまらなくなったら本末転倒だもんね!
【2008/11/30 19:50】 URL | 墓地送り #- [ 編集]


見せ方次第でなんとでもなると思いますね~

適度な回想はストーリーがより濃密になりますし、
視点移動は、特に戦闘シーンで効果を発揮するんじゃないかと思います
視点が変わることにより、次に相手が何をするのかというワクワク感とかありますしねw

しかし・・・・いつかは 「 カ タ 破 り 」 といきたいところですなぁ

【2008/11/30 23:47】 URL | 影 兎 #- [ 編集]


>にゃるさん
スピード感を削ぐのは御法度ですよね、確かに。

シナリオの基礎技術は私のバイブルです。新井一先生の本はほとんど読んだぜ!
その本に書いてあった技術で、「毒消し法」を応用すれば回想も何とかできるんじゃないかなーと考えてます。

>墓地送りさん
小説とノベルゲームの文法はまったく別のものですから、回想の取り扱いも違ってきますね。
マニュアル通りに書くのも必要ですが、総てが総てマニュアル通りというのもまずいよなぁと思う次第でございました。

>影 兎さん
回想も視点変更も、必要不可欠とまでは言いませんが、あればあったで作品を豊かにできるものだと俺は思います。
色んな方面から一つの物事を描写できますからねー。

俺もカタ破りの境地に達したいものです。
【2008/12/01 00:50】 URL | 陽一 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://awepoi.blog121.fc2.com/tb.php/570-866d0921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。