世界はそれを逃避と呼ぶんだぜ
若者の課金離れ
プロフィール

陽一

Author:陽一
返事がない。ただの中二病のようだ。
kitazakiyohあっとhotmail.com



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A great many love
 私――秋月律子の、アイドルとしての活動が終了したあと。
 かねてからの夢だったプロデュース業をするため、私の“元”プロデューサーと新会社を立ち上げた。
 それから、しばらくして――

 ――私は、プロデューサーが好きだということに気づいた。

* * *

 意識しだしたのは、私の引退コンサートのあと、新会社にプロデューサーを連れて行ったときからだった。
 プロデューサーが、新会社の社長になることを承諾してくれて。
 そのあと、ふと気づいて私は彼に問いかけた。
「これからはもう、プロデューサー、って呼ぶわけにはいかないわね。ね、なんて呼んで欲しい?」
 私がそう聞くと、彼はちょっと悪戯な笑みを浮かべて、
「ダーリン、って呼んでくれ」
 そう言った。
「ど、どうしてそういうことになるわけっ?」
 ……私はそう言いながらも結局、顔を背けつつ、プロデューサーのことを“ダーリン”と呼んだ。

 ――そのとき、気づいたのだ。
 本当は嫌がってなんかないことに。
 そしてふざけながらでも、プロデューサーが私を“そういう”対象に見ようとしてくれたことが――とても嬉しいことに。
 ……どうしてだろう?
 あのプロデューサーは、はたから見たら頼りなくて、正直、あんまりハンサムでもない。
 だけど、やるときはしっかりと決めてくれた。現に、私をトップアイドルにまで導いてくれたのだから。
 多分……私がもっとも信頼を置ける人だ。
 だけど、それは信頼だけなのだろうか。
 そう考えて――ふと、気づいたのだ。
 彼に、信頼以上の感情を抱き始めている自分に。

 だけど、それに気づいてからは大変だった。
 とにかく仕事に身が入らない。
 プロデューサーと顔を合わせるたびに、妙に気恥ずかしくなってしまう。
 かと思えば、ふとした瞬間にプロデューサーのことを考えている。
 会社を設立したばかりで忙しい時期だというのに、私がこんなことではすぐ倒産しかねない。
 何か策を講じなければ……

 それで、考えた末に思いついたのは――
 ……そうだ。プロデューサーを、オトしてしまえ。
 つまるところ――そんなもやもやを抱えないで済むよう、私とプロデューサーがさっさと恋人になってしまえばいいのである。
 少し恥ずかしいが……私の会社の発展のためには、きっと、仕方ないこと、なのだ。うん。

 ……自分をそんな風にごまかしながら、私は“計画”を組み始めた。
“参考資料”をぱらぱらとめくりながら。

* * *

 久しぶりに取れた休み――
 私はプロデューサーを呼び出した。
 765プロにいたころからよく利用した駅の前に、十時に集合、と。
 ……私が十五分ほど前から待っていると、プロデューサーは三分遅刻して現れた。
「遅いです」
「すまんすまん。というか律子が早すぎるんだ」
 謝る気ゼロなのね。
 ……ま、こんなことでカリカリしてても仕方ないか。今日の目的は説教じゃないんだし。
「なんだか、こうして話すのも久しぶりだな」
「えぇ。最近二人とも忙しかったからね……ひょっとして、プロデューサーは休みたかったですか?」
「いやいや。俺も羽伸ばしたかったからな、ちょうどいい。……あと、俺はもう律子のプロデューサーじゃないんだぞ」
「うーん。でも、こっちの呼び方に慣れちゃってて。中々変えづらいのよね。どのみち人員が足りないんだから、しばらく貴方にもプロデュースを補佐してもらうことになるんだし」
「ま、律子がいいんならそれでいいさ。……俺も実際、社長って呼ばれるとこそばゆいしな」
 いつも通りの会話。こんな何気ない会話でも、すごく心が安らいでいくからとても不思議だ。
 ……まぁ、とりあえずここまでは順調だ。赤面はしてないし、パニックになってもいないだろう。
 あとは計画通りに……。
「で、これからどうするんだ? どっか出かけるのか?」
「えぇ。ちゃんと行く場所は決めてあるわ」
 ふふふ、私が三日三晩かけて作り上げた完璧なデートコースに、プロデューサーをご招待しましょう。
 これで、どんな男でも私にイチコロよ!
 ……多分。
 参考資料(つま先立ちでキス☆)によれば、これが一番ベターなはず。
 うん、大丈夫な、はず……。

* * *

 電車を乗り継いで、最近できたショッピングモールに向かった。
 食料品から宝石店まで、様々な店が集まっている巨大なところだ。休日ということもあって、人でにぎわっている。
「お、ここか。ちょっと来てみたかったんだよ。律子は何か買うもんでもあるのか?」
「んー、買いはしないわ。今後利用できそうな店探しね。たまにはウィンドウショッピングもいいでしょ?」
 ――プランその1。
 ぶらぶらと歩きつつ、ファンシーなお店なんかに入って、きゃーこれ可愛い! とか言えば、私のなけなしの乙女っぽさがにじみ出てくるはずよ!
 ……考えてて哀しくなってきた。
 まぁいいわ。とにかく実行実行。
 しばらく歩き続ける。
「……む」
 ふと、向こうに薬屋を発見した。
 ……あ。そういえば、トイレットペーパーの買い置きとか、まだしてなかったなぁ。
 もう765プロにいるわけじゃないんだから、こっちはこっちでちゃんと揃えておかないと。
 緊急時の救急箱の中身も揃ってなかったわね……
 ……はっ!
 ダメよ、ダメダメ。
 これは、その、デートなんだから。プロデューサーをオトすんだから!
 そんな色気のないこと考えてちゃだめよ!
「あ、律子」
 と、突然プロデューサーが話しかけてきた。
「な、なに!?」
「あそこ入っていいか?」
 彼が指差す先は――
「……って、文房具屋?」
「あぁ。もう765プロにいるわけじゃないんだし、スケジュール帳とかを新調しとかなきゃな。あと、愛用の万年筆もこの前壊れちゃったから」
 色気がないわね……というか、考えることは一緒ってわけ……?
 なんか、悔しい。
「……もう、休みに仕事のことを持ち出さないでください!」
 人のこと言えないけど。

* * *

 ……結局プラン1はまともに進行しなかった。
 ファンシーなお店がどうこうより、会社の備品を揃えたい気持ちと戦うのに必死だった。
 ダメダメだわ……。
 と、とにかく、プラン2よ!

* * *

 再び電車を乗り継いで別の駅へ。
 私達は今、大きな映画館の前に立っている。
 やっぱり休日だからか、人でごった返していた。
「映画かー。そういえばちょうど観たいやつがあったんだよな。“萌えよドラゴン二重の極み”ってやつ」
 プロデューサーがアクション映画らしき看板を指差すが、無視する。
「これです」
「……いや、俺はこういうB級のほうが」
「こ れ で す」
「…………分かりました」
 私の剣幕に押されて、しぶしぶプロデューサーは折れた。

 私達が観ようとしているのは、「世界の中心で愛を叫んだ除け者」という、今流行の恋愛映画である。
 友人に聞いたり、テレビで特集番組を見たりしても、中々評判がよいので、ちょうどいいだろう。
 つまりプラン2とは、恋愛映画を観て雰囲気を盛り上げる作戦である。

* * *

 そして――上映終了。

* * *

 映画館を出るなり、私は内心首を捻っていた。
「…………うーん」
 微妙すぎた。
 まず、脚本が変だ。テーマが暗示されていながらも、後半でまったく解決されていないし、そもそもご都合主義が多すぎる。
 加えて、主演女優の演技の荒さ。台詞が棒読みで聞いていられない。
 音楽の使い方も変だし、カメラワークも観づらい部分があったし……
 …………。
 はっ、ダメだってば!
 いいのよこれで! 大事なのは突っ込みではなく、「恋愛映画を一緒に観た」という事実なんだから!
「お、面白かったですね~」
 白々しく笑みを浮かべながら言ってみる。
「……そうだったか? あの映画、律子なら絶対に酷評すると思ってたんだけど……」
 ……う゛。やっぱりバレてる。
「ああ、でも、主演女優のビジュアルはよかったですよね? 新人にしては逸材の美人さですよ!」
 ……なに弁護してんだろ私。
「そうだな。いい魅力を持ってる。実に俺の好みだ」
 なんですと?
 ああいうのが好きなのね、プロデューサー殿は。
 ……く、なんで映画を観て負けた気分にならなきゃならないのよ……。

* * *

 ええい! プラン3!
 ロマンチックなランチを!

「――って定休日!?」
「……別に俺はハンバーガーでいいんだけど……」

* * *

 プラン4!
 遊園地でなんか適当に乗ってドキドキするようなものを!
 吊橋効果が応用できそうなやつを!

「“スーパーウルトラコスモスコースター”二時間待ち!? こんなくだらないことにそんなに待ってられないわよ!」
「……お前が乗ろうって言ったんだろうが」

* * *

 プラン5!
 せめてディナーだけはロマンチックに……!

「申し訳ありませんお客様。当店は予約制となっておりまして……」
「なんですってーっ!?」
「……もうファミレスでいいよ」

* * *

 日も暮れて、だんだんと風景が藍色に染まりはじめて――
 私達は行くあてもなく、とぼとぼと人気の少ない道を歩いていた。
 ……というより、私がとぼとぼ歩く後ろを、プロデューサーがとりあえず着いて来てくれている、といった感じなのだが。
「はぁ……」
 彼に聞こえないように、ため息をついた。
 結局、ロマンチックさも何もないデートだったわ……。
 いえ、プロデューサーはデートと思ってさえいないかも……。
 ……最悪。
 どうして、こうなっちゃうのかなぁ。
 自分のすることに、いちいち計画を立てたのはいつもと同じなのに。
 アイドルやってたころ、ライブの展開を考えるのと同じ要領でやったつもりなのに。
 なんで……今日だけは、上手く行かなかったんだろう?
「……はぁ」
 もうそろそろいい時間だし、今日はもう諦めるしかないかな……。
「……なぁ、律子」
 気づけばプロデューサーが隣に立ち、私を覗き込んでいた。
「え、な、なんですか!?」
「いや……今日一日、ずっと変じゃなかったか?」
「そ、そんなことありませんわ。オホホホホ」
 乾いた笑い声になってしまった。説得力など皆無だろう。
「何か悩みがあるんなら言ってくれよ。俺達、一応付き合い長いんだからさ」
 ……言えたら苦労なんてしないわよ。
 貴方に好かれたい、なんて……。
「まぁ、無理には聞かないけどさ。何かあったら頼ってくれないと、さすがに傷つくぞ」
 プロデューサーは、ふぅ、と息をついて、
「俺達一応、付き合ってんだからさ」
 と、言った。
 ……まぁねぇ。
 私だって、プロデューサーに同じことされたら傷つくかもしれない。
 いや、多分、傷つくなぁ。プロデューサーが落ち込んだ顔してるとこっちが心配しちゃうんですよっ! とか何とか言っちゃって――――――
 ――――――――んんん???
 ちょっと待った。今、彼は、何か、変なことを、言った、ような、
「……プロデューサー。さ、さっきの言葉、もう一回、言ってくれない、かしら」
「ん? や、無理には聞かないけど、できるだけ頼って欲しいって」
「そのあと!」
「……一応、付き合ってんだからさ?」
「……付き合って?」
 ちょっと待って。
 なんだそれは。
 どういうことだ。
 どうしてだ。
 いつからだ。
 いつから、私達は付き合ってるんだ!?
「どどど、どういうことよ! 何でプロデューサーと私が付き合ってるんですか!」
「え? いや、この前なんかそんな雰囲気になったからさ。ダーリンって呼んでくれたし」
「はぁ!? あれがプロデューサーにとって告白に見えたわけですか!? 信じられない! 馬鹿! マヌケ! トンマ!」
「う……そうか。俺の勘違いだったのか。すまん」
「何言ってるんですか!  勘違いなんて勘違いしないでくださいよ!」
「……訳が分からないぞ」
 頭がくらくらする。状況が、何も把握できない……!
 顔が赤くなっていないだろうか? ああ、景色がなんだかぐにゃぐにゃしてきた……。
「えーっと。なんかお互い食い違いがあるから整理しよう」
 こほん、と彼は咳払いを一つしてから、
「俺と律子は……付き合って……るのか?」
「付き合ってないに決まってるじゃない! あんなの、ノーカウントよ!」
「の、ノーカウントって……」
「やり直しよやり直し! ちゃんと付き合うなら付き合うって言いなさい! 分からないわよ、あんなんじゃ!」
「……いや、その、別にそんな儀礼的なことを聞きたいんじゃなくてだな、律子の気持ちがどうなのか知りたいんだが……」
 あああ! じれったいわ!
「好きよ! 好きに決まってるじゃないの、あなたが! 残念でしたね! もう好きになっちゃいましたよーだ! 今更謝っても遅いわよ!」
 自分がどんな言葉を喋っているのか、半分も理解できていない。
 でも、言葉を途切れさせるのが無性に怖くて、私は矢継ぎ早に話し続けた。
「ごめんなさいね! 不運でしたね! こんな女に好かれちゃって! どうせ私は、仕事と恋人なのが一番なんでしょ! 分かってます、分かってますってば!」
「り、律子……」
「なによぉっ! いっつもいっつも私のことなんか気にしてないフリして……! 今更、そんなこと、言うなんて……ずるい、よぉ……っ! 今日の計画……無駄になっちゃったじゃない……!」
「り、律子!? お前、泣いて……?」
「ぐす、……そんなわけないじゃないの! ばかーっ!」

* * *

「落ち着いたか?」
「……まぁ、それなりに」
 気づけば私は新会社のオフィスにいて、ソファに座っていた。おそらくプロデューサーが連れてきてくれたのだろう。
 というか、そんなことに気づかないほど私は錯乱していたのか。
 あああ、恥ずかしい。情けない。穴があったら入りたい。人生で一番の失態だ。
「…………」
「…………」
 沈黙。静寂。
 当然ながら、夜のオフィスには私達二人だけだ。
「……ねぇ。プロデューサー」
「なんだ」
「まだ、私と付き合いたいと思いますか」
「……なんで、そんなこと聞くんだ?」
「だって、信用できない」
 信用できない――というか、信じられない。
 私に、“女”としての魅力がないのは重々承知しているから。
 それに、さっきの惨めな私が思い返されて……こんなに弱いところを見せてしまって……。
「私、口うるさくて可愛くないから……」
 ……いつもの強がりが出てこない。
 どうして昨日までの私は、プロデューサーをオトせると本気で考えていたんだろうか。
「…………分かったよ」
 プロデューサーは、照れくさそうに私から目を背けている。
「恥ずかしいから、目を閉じててくれないか」
「……うん」
 言われたとおりにした。
 ――しばらくして。
 私に訪れたのは、言葉ではなく――

「…………ん」

 ――初めてがレモンの味だ、なんて。
 少女小説に書いてあることは、嘘だった。
 さっき食べたハンバーグ定食の味しかしなかったから。
 だけど……

「ん…………」

 ……その感触は、何よりも甘く感じた。

 時計の針が、少しずつ歩みを遅くしていった。





* * *

 朝――
 さわやかな太陽の光が、窓から降り注いでいる。
 心なしか、オフィスの空気も新鮮に感じられる。
「さあ! 今日も頑張りましょう!」
「そうだな。まずは人員の手配と、設備の設置と……」
「こらこら、肝心なことを忘れてるわよ。……新人発掘のための、我が社のオーディションの宣伝もしなくちゃいけないわ!」
「そういえばそうだった。所属アイドルがいないとどうにもならないなぁ」
「ええ。人員と設備のほうは、私がやれるだけやっておくわ。プロデューサーはオーディションをお願い!」
「了解!」

 ……随分二人の息があってきたと思う。
 胸の中のもやもやも消えてくれたし、いい新会社のスタートを切れそうだ。
「吹っ切れた顔してるな、律子」
 ……ま、その。まだ実感は沸いてこないけど、私達一応付き合うことになったんだし。
 ただ――いまだに気になることはある。
「……ねぇ」
「ん?」
「プロデューサーは……なんで私と付き合おうって思ったの?」
 ――後ろ向きなのはこの質問で最後にしよう。
 そう思いながら、私は聞いてみた。
「んー。なんだ、そりゃ、お前……」
 プロデューサーは少し恥ずかしそうにしながら、言う。
「一緒にいて一番心地いいからな。仕事も、プライベートも、気を遣わなくて済むし。それに……」
「それに?」
「……律子、あのとき言ったよな。“自分の弱い顔を見せるのは嫌だ”って」
「えぇ。思い出したくもないわね」
「律子はさ、気づいてないだろうけど。――そのときの律子の顔、死ぬほど可愛いんだぞ」
「…………は?」
「あ。じゃあ俺、仕事に行くから。じゃあなー」
「ちょっ、プロデューサー! な、何!? どういう意味よ――――っ!!」

 訳が分からないわよ、もう……。
 やっぱり、あなたには敵いそうもない。

「――そうそう見せられないわよ、ばか」

 しばらく、プロデューサーと顔を合わせるもんか。
 今も多分、彼が喜ぶような顔になっているだろうから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://awepoi.blog121.fc2.com/tb.php/6-72902127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。