世界はそれを逃避と呼ぶんだぜ
若者の課金離れ
プロフィール

陽一

Author:陽一
返事がない。ただの中二病のようだ。
kitazakiyohあっとhotmail.com



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うp


十二時くらいにまたサバイバルチャンピォンシップがくるらしい。
けどあんまりうpを長引かせるというのも、それはそれで存在が忘れられそうだと思ったので結局うpりました。
なんかsmの番号のキリがよくてちょっと嬉しくなった。

中二病が進行しているような内容だぜ!
Pの外見は若いときの加藤虎太郎先生を想像していただけるとぴったりです(俺が)。





と思ったらもう来てた。
もろかぶりだぜうぇーい。
しかし三十秒あっても生殺しには変わりないなw
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

もうね、たまらんwww
3,4分の動画すらシークする時あるのに、全部ガン見www
3話と言わずもっとやれw

やっぱ活字はいいねぇ。
今後も期待!!
【2007/11/24 14:14】 URL | 時雨 #- [ 編集]

読了
なんというあやかしびと
まあBGMの印象もあったとは思いますが。
虚淵というよりはそちらに近い感じが。善し悪しの話ではなく。(東雲なんとかさん?)
あんまりきのこっぽいイメージは受けないです。
続編も期待。

しかしニヤニヤノベルの続編にも期待。
【2007/11/24 14:20】 URL | #- [ 編集]


 ニヤニヤでも固茹ででも中二病でもおいしくいただけるあっしには非常に美味でございやした。この手の作品はきっちり締めるのがちと難しいかと思われやすが、いや旦那ならバッチリ締めてくれると期待しておりやすよ!
 完結、続投、打ち切りの別に係わらず、先ずは13話(1クール)分上げてくれることを切望しつつ胡麻団子をつまんでおりやす。半裸で。


 空の境界を以前立ち読みで上下通して読んだことがある身といたしましては、あまり奈須きのこ氏と似たところも見受けられないんですがねぇ。いえ、そりゃ氏の他の本を読んだこともないですし、そんなあっしの目で語るなんざおこがましいことでござんしょうが。

 虚淵玄氏の名前は初耳なもんでして、ちと調べてみやした。といってもURLの場所くらいまでですがね。興味が湧いたんで、文庫で出されてる作品があれば読もうかとも思いやしたが、ノベルスは経済的にちと尻込みしてしまいやすねぇ。時間のあるときに立ち読みを敢行すべきかどうか……ううむ。悩ましいことで。

 あやかしびとから辿り着いた東出祐一郎氏。こちらは「Bullet Butlers」なる作品を書いてらっしゃる御仁のようでございやすね。作品名から察するに、旦那は氏の作品を意識してらっしゃるようにお見受けしやす。東出氏も初めて知った名前でありやすが、このバレバトの文庫が出ているようで。これはいずれ買ってみたいものでやすねぇ。



 だがしかし、Pの動きを脳内再生した途端に「うおっ、なんだこの国村光(30)は!?」とか思ったのは俺だけでいい。
【2007/11/24 18:52】 URL | #GCA3nAmE [ 編集]


>時雨P
どもです。
思い切りマイノリティでゴーマイウェイなことをした今作ですが、そう言ってもらえると本当に嬉しいです。
三話うpっても見捨てられてさえいなければ、がんがん続き作っていきたいと思ってます!
……モチベーションが保つかしら。

>名無しさん
BGMが偏りすぎると、やっぱりそういう印象持っちゃいますよね(笑)。
次からは少し気をつけてみます。
きのこっぽくないと感じていただければ(くどい文体でなければ)よかったです。

ニヤニヤノベルもネタさえ思いつけば作ります。
誰か俺にちひゃーのニヤニヤネタくれ。

>下のコメントの方

どもですー。
正直脳内ではものすごい大作になってて、きちんと世界観組めるかどうかの自信はありません。
二次創作なのに、オリジナルでもやったことのない密度になりそうだ(笑)。
“なんだこのクソ動画! 不愉快だから今すぐやめろ!”とみんなから言われない限り、できるかぎり続けていきたいですねぇ。

あんまりきのこ氏とは似てないですか。動画のコメントで“似てる”とあったのは雰囲気的な部分かな?
あの人の文章って、なんか“感染る”んですよね。長いことあの人の文章に触れてると、あの人の文体になってしまう。……私だけなのかもしれませんが。

虚淵氏は神です。私が一番尊敬してるライターです。
角川スニーカー文庫から何冊か小説を出してますので、ゲームを買う資金がなければそちらのほうをお勧めします。
中でも、氏の文章がそのまま文庫化している「鬼哭街」というのがお勧めです。
燃え死ぬぜ?

東出氏……いや、借りたのはタイトルだけで、ぶっちゃけそこまで意識してないつもりだったんですけど(笑)。タイトルもうちと考えりゃよかったかな。
氏の作品も熱いのでなかなかいいですぜ。文庫版のほうはチェックしてませんけど、ゲームのシナリオはなかなかよかった。
虚淵氏が「蒼い炎」的な燃えだとしたら、東出氏は「真っ赤な炎」って感じ。

国村光氏は存じませんけど、あのPの動きは微妙に空手をイメージしてます。
……少なくとも私にゃできませんが(笑)。

コメントありがとうございました!
【2007/11/24 19:04】 URL | awepoi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://awepoi.blog121.fc2.com/tb.php/86-977a8d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。