世界はそれを逃避と呼ぶんだぜ
若者の課金離れ
プロフィール

陽一

Author:陽一
返事がない。ただの中二病のようだ。
kitazakiyohあっとhotmail.com



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼ルートについて色々語る(連載?)。
前回はこちら。

どんだけDS好きなんだ俺。
前回と違ってネタバレ満載なので未プレイの方は見ない方がいいかと思います。

涼ルートのテーマは「夢」だ。
正確に言えば、「犠牲を払ってでも夢を叶えるべきなのか」。

涼の当初の夢は、イケメンになること。そのために、男性アイドルとしてデビューすることだ。
しかし、女性アイドルとしての「秋月涼」という偶像が有名になっていくにつれ、本当の秋月涼は肩身が狭くなってゆく。女性アイドルの「秋月涼」を好きになったファンは、“彼女”が実は男性であることを知れば、哀しむだろうからだ。テレビ局や、事務所の愛や絵理も涼を軽蔑するかもしれない。
涼は、それらを断ち切ってまで、自分が男性であることをカミングアウトできるのか――というジレンマに囚われることになる。

テーマのアプローチへのキーパーソンとなるのは、言うまでもなく夢子である。
夢子は、「犠牲を払ってでも夢を叶えようとした」人物だ。この対比が非常に面白い。
トップアイドルになるために、武田に認められるために、そしてオールド・ホイッスルに出場するために――夢子は不正をし、他のアイドルを犠牲にしてでも勝ち上がろうとする。
ある意味、涼ルートのテーマ(およびアンチテーゼ)を顕したとも言える人物かもしれない。
しかし夢子の夢は、半ばで頓挫してしまう。武田本人に、不正をしたという事実を責められて。
そして、己の夢を見失い、活動を休止してしまう……。

涼は何とか考え直してもらおうと、夢子を許すように武田へ直談判する。
そのときに、涼自身の持つ、「夢」への矛盾をつきつけられる。
自分の夢でさえ中途半端な君が、他人の夢を語る資格があるのか――と。

そこで涼はようやく気づく。自分の状況の歪みに。
“イケメン”になる、という夢を抱きながらも、“女性アイドル”に甘んじている自分。
それははたして正しいことなのだろうか?
武田に諭され、涼は決意するのだ。自分が男性であることをカミングアウトすることを。
そして、自分が夢を叶えていく様を見せることで、夢子を救うことを。

ここで注目したいのは、涼の動機の“イケメンになりたい”、“そのために男性アイドルとして活動したい”という、前述のジレンマを抱えた利己的な理由が、利他的な理由にシフトしている点だ。
涼が女性アイドルとして人気を得たことにより、今まで生じてきた歪み。このままただ男性であることをカミングアウトしたのでは、涼はただの自己中心的な人物になってしまう。
しかし、夢子との関わりを深めること(つまりサブプロット)によって、涼の動機に「彼女を救うこと」を加えて、構成に説得力と正当性を持たせている。
この流れが実に素晴らしく、美しい。

涼が選んだのは、自分が男性であることをカミングアウトする――「犠牲を払ってでも夢を諦めないこと」だ。
これは夢子と同じ選択のようだが、まったく違う。
正確に言えば、「犠牲を払い、その弊害を理解した上で、夢を諦めないこと」だからだ。
涼は最初から女性アイドルとして活動することの歪みを理解していたが、夢子にはそれがなかった(あったのかもしれないが、いつか降り掛かる罰を予想してはいなかった)。

夢子と同じように、涼はある意味不正をしていた。男性アイドルは女性と比べて、体格的に有利に決まっているからだ。
彼はその不正を自ら告白した。ジレンマに真正面から立ち向かう道を選んだのだ。
総てを認め、総てを捨て――茨の道を進んでゆく道。
ここも、夢子との対比構造になっている。

そうして、涼は更なる人気を得ることができた。


涼ルートの概要を聞いたとき、僕は、涼の持つ歪みをシナリオでどのように解消するのかと考えていた。
が、小細工を使わず、真正面から歪みを解消したシナリオには驚嘆した。

涼ちん格好いいよなぁ。夢子が惚れるのも仕方ないって……。

追記:涼ちんを夢子にとられるのはひじょーに悔しいですが、涼が夢子とくっつくのは、“涼が男として認められた”という結果を示すために必要な展開ではあったんだよなー。
これも多分、冒頭の“男にモテていた”っていうのとの対比なんだろう。
まぁ涼も夢子も好きだから幸せになれ!

追記2:スタッフロール後のシーンは、律子の「涼が男だとバラすことによって事務所の空気が悪くなる」という台詞の回答だと思う。
涼が男だとカミングアウトした後も、愛と絵理との関係は変わらなかった、というわけ。
アッー! はどうかと思うがwあれも必要なシーンではある。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 涼ちんはかっこいいイケメンになれたんだな!そして後半の熱さに燃えた! でも、最後のあれは確かに笑えたw重要なのはわかるけどw(そういえば、まだ涼ちんしかクリアしてないなぁ・・・)

 そういえば振り付けを変えるともしかしたらレッスン効率もよくなってるかもと思った。完全特化の振り付けをしたらパフェレスが取り易くなったし・・・(絵理で)
【2009/09/24 00:36】 URL | 墓地送り #- [ 編集]


涼ちんになら掘られてもいいです……

あとぼくレッスンをまったくしなくなりました!
だってしなくてもクリアできるし!
【2009/09/24 01:25】 URL | 陽一 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/28 00:27】 | # [ 編集]


どうもー。僕の記事を使っていただいてありがとうございます!
本当にDSはよいゲームだわ……。
【2009/09/30 01:38】 URL | 陽一 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://awepoi.blog121.fc2.com/tb.php/887-fa81c215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。